送料無料。手間のかからない返品。 1964年以来

ギリシャのジュエリーのユニークな歴史

ジュエリー博物館では、過去のトレンドを尊重しています。既知のコレクションを検索し、その信頼性を検証し、世界中の前世代が着用しているユニークなジュエリーを入手します。

投稿者Kody Klenow オン

古代ギリシャについて考えるときに頭に浮かぶこと間違いなく、白いトガ、ストラップ付きのサンダル、金の装飾品について考えます。あなたは最初のオリンピックや古代ギリシャ文化に関連する全能の神々について考えるかもしれません。すべての発展途上の文化と同様に、帝国が繁栄し、最も基本的な生存のニーズを満たすと、大衆は芸術と美に目を向けました。ジュエリーを作り、装飾品で体を強化する習慣は、美しさを求める人々の特徴です。.

振り返ってみると、科学、芸術、技術、数学、哲学、建築など、古代ギリシャ人が現代の業績に貢献したことの多くを評価することができます。多くの場合、リストは作成されませんが、Gリークジュエリー もう一つの永続的な影響です。ギリシャ人はこの地域でも時代を先取りしていました。

最古のジュエリー

人間は常に美しさと創造性を表現したいという生来の欲求を持っていました。金属加工が一般的になるずっと前に、私たちの祖先は自然界にあるさまざまなアイテムを使って自分たちを飾りました。羽、独特の岩、刻まれた骨は、美しさを表現するために操作されました。これらのアイテムは、日常の記事から芸術作品に変わりました。アートは、手首の周り、頭や首の周り、または耳たぶから着用できるようになりました。

青銅器時代

青銅器時代とその発見と技術が世界中でその影響力を増すにつれて、金属を扱い、操作するためのスキルとツールが技術の最先端になりました。ギリシャ人は、これらのスキルを説明して、ジュエリーの製作を含めました。羽毛などの材料が手に入りにくいため、材料費が高騰しました。ジュエリーを作るのに必要な技量と費用により、これらの新しい芸術作品は最も裕福な市民だけが利用できるようになりました。このように、ジュエリーはディスプレイやアート、そして富や地位を伝える方法になりました。

金の影響

メソポタミアとエジプトの文化における金の入手可能性は、金の宝石の着用に影響を与えました。それらの帝国からの工芸品や絵画は宝石に金を使用していることを示していましたが、文化間の美学は依然として非常に個別化され、様式化されていました。それぞれの文化は、彼らの神々の異なる表現を持っており、彼らのユニークな信念を尊重するためにジュエリーを作成するように促されました。ギリシャ人にとって、古代の宝石は他の帝国に触発され、それでも独自のものを作りました。

古代ギリシャのジュエリーは、アレキサンダー大王 世界のリーダーとして。ローマ帝国がさまざまな古代の国や人々のグループを征服し、2世紀の支配的な帝国として成長するにつれて、宝石を含む文化的嗜好やファッションの影響が既知の世界で高まりました。

貴重な石

古代ギリシャ人は近隣諸国の金属の使用を採用し、トパーズ、真珠、玉髄、カーネリアン、ガーネット、エメラルド、アクアマリン、アメジストなどの宝石を取り入れました。たくさんの古代ギリシャのジュエリー 着用者はアクセサリーを使用して、神話の物語のシーンで神々を称えたり、ギリシャの征服を祝ったりしました。石は、シーンを表現する際に色の威勢のいい配列を使用することを可能にしました。ジュエリーはアクセサリーになるだけでなく、崇拝の行為や崇拝の発表にもなりました。

特別なテクニック

ギリシャのジュエリーを当時の他のアクセサリーのトレンドと一線を画すのは、美学だけではありませんでした。ギリシャ人は、産業としてジュエリー作りの芸術を利用しました。彼らは、型を使用して複製ピースを作成する方法を採用しました。彼らは、金箔として知られる薄い金のシートを使用して、高価な材料を価値の低いベースにオーバーレイし、より多くの購入者にリソースを拡張しました。この間、芸術性のレベルは大幅に向上しました。これらの技術がギリシャの歴史でギリシャの黄金時代として知られている時代と一致するのは当然のことです。

人気の作品

すべての文明と同様に、ファッションのトレンドは絶えず変化しました。あるシーズンに人気があったものは、次のシーズンに人気があったものではないかもしれません。宝石の場合、歴史家はギリシャ人が時代に特有の異なるアクセサリーを持っていたのを見ることができます。これらの好ましい外観は、青銅器時代、ミノアギリシャ、ミケーネ時代、古典ギリシャ時代、およびヘレニズム時代を通して進化しました。

イヤリングはしばしばぶら下がっていて、丸い特徴を持っている傾向がありました。明るく大胆な青いラピスラズリを特徴とするものもあります。最も洗練されたギリシャの女性が石や真珠のアクセントのある金を好むことは明らかです。ザ・イヤリング 金で整えられたぶら下がっている石のように拘束されているかもしれませんし、名誉ある神の頭や全身の完全に積まれた金の描写のように複雑かもしれません。

ネックレスの選択肢は、繊細な金の鎖または一連の真珠であった可能性があります。着用者はネックレスに着用するペンダントを頻繁に選びます。イヤリングと同様に、これらのペンダントには、見事な石や神の表現が含まれていることがよくあります。古代ギリシャでも人気があったのは、広い幅のネックレスで、首の大部分を覆うようにデザインされていました。

埋もれた宝物

ギリシャ人は、自分たちのジュエリーの価値は、所有者を埋葬して来世に持ち込むべきだと信じていました。多くの裕福なギリシャ人は彼らの富で埋葬された と宝物。今日、世界の古代ギリシャの宝石のコレクションのほとんどは、埋葬地から回収されています。

ギリシャの歴史の影響は、古代の宝石、トレンド、ギリシャの美的進化との相関関係で見ることができますが、いくつかの要素は一貫しています。ギリシャのジュエリーの包括的な特徴は2つあるようです。鮮やかな色の石を使った金の好みと、ギリシャの神々や女神の似顔絵です。ギリシャ神話、その神々のキャスト、およびその民間伝承を知ることは、古代の宝石のどの部分がギリシャのデザインであったかを識別するための優れた方法です。

ジュエリー博物館では、過去のトレンドを尊重しています。既知のコレクションを検索し、その信頼性を検証し、世界中の前世代が着用しているユニークなジュエリーを入手します。私たちはそれらの作品を、美しさとアイデンティティの表現としてジュエリーアーティファクトへの感謝を共有する人々に伝えます。結局のところ、芸術と美は時間と場所の境界の外にあります。

タグ

← 古い投稿 新しい投稿 →



コメントを残す

コメントは公開する前に承認する必要があります。

Language
English
Open drop down